AGA治療薬が対象

医療費控除は1年間で治療にかかったお金が10万円を超える場合に確定申告する事ができますが、AGA治療薬はこの対象になりやすいものです。なぜかというと、AGA治療薬はひとつひとつが1万円近くするもの多いため、1年間ずっと利用した場合を考えると10万円という基準に届きやすくなっているからです。AGA治療薬は値段が安いものもありますが、そのほとんどが高額であり、また長期間使うという物は多くありません。ですから医療費控除の基準に届きやすくなっています。

医療費控除というのは、怪我の治療などにかかった費用にのみ適用されるもので、例えば予防注射や花粉症対策として購入した空気洗浄機など予防に関する費用には適用されません。AGAもこれらと同じように適用されないのではないかと思う人もいますが、AGAの治療薬を購入する事はきちんとした治療であると判断されるため、医療費控除の対象となります。これを知っておかないと、医療費控除の対象かどうかがわからず申告し忘れる事もあるので覚えておきましょう。

AGAの治療薬は非常に高価ですが、医療費控除の対象になる事を知っておくと気持ちの上で購入がしやすくなります。もちろん10万円以上という基準に満たなければいけませんが、AGA治療薬は高価なので基準にも達しやすくなっていますから、確定申告の時期が近付いた時にAGA治療薬を服用している人は、医療費控除を検討してみましょう。