対象とならない場合も

AGA治療薬は高価な物が多く、医療費控除の基準である1年間に10万円以上という基準に達しやすくなっています。しかしこの基準を満たしているからといって、必ず医療費控除の対象となるわけではありません。医療費控除の対象となるものは生活する上で必要な医療行為が対象となっており、税務署や税務職員の見解によってはAGAは生活を脅かすほどの疾病ではないと判断される場合もあり、その場合は医療費控除の対象とはなりません。

また美容整形などの自分の美の為の医療行為も医療費控除の対象とはならず、AGA治療も場合によってはこの自分の美の為の医療行為であると判断されてしまう事があります。対象になるかならないかは税務署や税務職員の見解に左右される部分が大きいので必ず医療費控除をして貰えるわけではないという事を覚えておきましょう。

医療費控除の対象は薬事法で定める医薬品ならば必ず含まれます。AGA治療のために商法される薬も医薬品であり、AGA治療が目的だと判断されれば医療費控除の対象となります。しかし滋養強壮目的であると判断されてしまうと対象から外れるため、きちんとAGA治療のために購入したのだとわかる処方箋などの証拠を保存しておきましょう。AGAの治療に関する費用は税務署側の判断で医療費控除に含まれるかどうかが違うため、きちんと医療費控除の対象となるような証拠を用意しておく必要があります。